本文へスキップ

通信講座で社会保険労務士を目指すサイト

中央企業組合検定試験(中小企業組合士)とは/社会保険労務士

社労士 通信講座

社会保険労務士通信講座

ユーキャンの社労士講座

ユーキャンなら、効率よく短期合格が目指せる!

社会保険労務士の資格を取得するならユーキャンの社会保険労務士講座がおすすめ。

まずは無料で資料請求を。見るだけでもためになる社会保険労務士通信講座の内容をまずはチェックしてみましょう。
ユーキャン社会保険労務士の通信講座の資料請求はこちらをクリック


中央企業組合検定試験(中小企業組合士)とは

■資格内容

約3,300名が登録して活動 
中小企業組合などに従事する役職員のスキルアップのために行われている試験で、合格者の中から一定の実務経験を有する者に中小企業組合士の称号が与えられる。平成22年6月1日現在、全国で3,319人が登録されており、中小企業組合をはじめ、中小企業団体中央会、商工中金などで活躍している。


■試験内容

3科目合格で取得 
3科目の筆記試験に合格すると、中小企業組合士の認定資格が得られる。一部科目合格者は、翌年から3年間、その科目の受験が免除される。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし ※資格認定申請には組合などで3年以上の実務経験が必要。
出題範囲: 組合制度、組合運営、組合会計
試験日: 12月の第1日曜日
試験地: 札幌、仙台、さいたま、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇など21都市
受験料: 5,000円(一部科目免除者は3,000円)
合格率: 49.0%(平成22年)


■問い合わせ先
全国中小企業団体中央会
住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-26-19 全中・全味ビル
TEL:03-3523-4907



通信講座 社労士